高橋治之のwikiプロフィールや経歴学歴(高校大学)は?家族(妻子父母兄弟)も調査

エンタメ
スポンサーリンク

2020年3月11日東京オリンピック・パラリンピックの延期も計画されているのではという記事で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事の高橋治之さんの名前が出てきましたね。

高橋治之さんとはいったいどういう方なのでしょうか?

 

ここでは、高橋治之さんのwikipedia風プロフィールや経歴・学歴、家族構成について説明いたします。

それでは、さっそく説明していきます。

 

スポンサーリンク

高橋治之さんのwikiプロフィール

名前 高橋治之
生年月日 1944年4月6日
年齢 72歳
出身地 東京都
職業 ・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事

・株式会社コモンズ代表取締役会長

・日本ゴルフ協会アドバイザリーボード

・日本馬術連盟東京五輪選手強化対策プロジェクト委員など

 

高橋治之さんは1944年4月6日72歳で東京都出身の実業家です。

もともとは電通出身の方で、様々な大イベントを成功させ、電通でも役員にまでなられています。

高橋治之さんの成果で一番大きなものは、日本韓国へのFIFAワールドカップ招致である言われています。ワールドカップは日本においても1つの大きな注目イベントになっていますが、この流れは高橋治之さんが作り出したといっても過言ではありませんね。

 

その後はその電通時代の経験を生かし、株式会社コモンズ代表取締役会長をされております。また、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事やその他の団体の幹部も兼務されており、大活躍されていますね。

 

また余談ですが、仕事の成果意外にもかなり伝説が多いかたの様ですね。

 

  • 若い時から運転手つきの輸入車で電通に通っていた(自己負担)
  • 電通の部長時代は、弟で実業家の治則さんのプライベート・ジェットで社員旅行に行った

 

なんと言うかかなりバブリーな方ですね笑このくらい破天荒な方でないと、大業は成し遂げられないとうのはよく言われる話ですね。

 

高橋治之さんの経歴学歴(高校や大学)

学歴

高橋治之さんの出身高校・大学は下記のとおりです。

 

1963年 慶應義塾高等学校卒業
1967年 慶應義塾大学法学部卒業

 

実業の方の王道な学歴で、 かなりの高学歴です。現在でも、慶應義塾大学から電通に入社されるかたは多いですね。

また、慶應義塾高等学校では、同窓会の役員もされているようです。

慶應義塾高等学校同窓会

同窓会の役員を見ると、上位はとんでもない方々がいらっしゃいますね。

 

経歴

高橋治之さんの経歴は下記のとおりです。

 

1967年 電通入社
1993年 東京本社ISL事業局長
1997年 総本社プロジェクト21室長
2000年 国際本部海外プロジェクト・メディア局長
2001年 常務執行役員
2003年 上席常務執行役員
2004年 常務取締役
2007年 専務取締役
2009年 電通顧問就任
2011年 電通顧問退任
2011年 株式会社コモンズ代表取締役就任
2016年 東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任

 

電通時代には、スポーツ事業局の中心人物として、大活躍されました。ワールドユースユニセフオールスタートヨタカップなどのサッカーの大イベントを成功させています。
FIFAのゼップブラッター会長と親密な関係を築いているそうで、Jリーグの創設、2002年の日韓ワールドカップの招致など、日本のサッカー界の流れは高橋治之さんが作ったといっても過言ではありません

 

現在はその経験を生かし、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会理事に就任されています。メディアでは高橋治之さんについてのグレーなうわさも出ていますが、この業界は完全にホワイトでやっていけるほど甘い世界だとも思いませんので、引き続きのご活躍を期待したいと思います。。

 

高橋治之さんの家族(妻子父母兄弟)

まず、父母兄弟の情報は下記のとおりです。

 

父・義治(実業家) 大正5年(1916年)6月生 – 昭和61年(1986年)7月没
母・朝子 大正8年(1919年)8月生[8] – 平成21年(2009年)10月没
弟・治則(実業家) 昭和20年(1945年)10月生[8] – 平成17年(2005年)7月没

 

父母兄弟はもうすでにお亡くなりになられている様ですね。また、実業家一家ということのようです。

また、 高橋治之さんの妻子の情報は現在調査中です。調査ができ次第ここに記載いたします。

 

まとめ

今回は、高橋治之さんのwikipedia風プロフィールや経歴・学歴などについて説明しました。

東京五輪・パラリンピックの準備も佳境に入ってきましたね。コロナウイルスの影響で、予定通りの開催は危ぶまれていますが、高橋治之さんが最善の策を提案されるのではないでしょうか。期待したいと思います。

 

以上、この記事が、あなたのお役に立ちましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました